先生

不妊治療は早めに始めよう|治療を始めるタイミングが肝心

妊婦に欠かせない栄養素

栄養剤

カルシウムは妊婦には重要な栄養素となります。赤ちゃんの歯や骨を形成するために必要ですし、それ以外にも免疫機能を高めるために、カルシウムは必要不可欠な栄養素なのです。

詳細を読む

ホルモンバランスを整える

サプリメント

妊活マカは不妊で悩んでいる女性にとって嬉しい効果がたくさんあります。妊娠しやすい体になるだけではなく、健康面にもいい影響を与えます。また、男性の精力回復効果もあるので不妊治療中のカップルに人気なのです。

詳細を読む

産婦人科を選ぶポイント

ナース

梅田には産婦人科がたくさんあります。良い産婦人科を選ぶポイントがいくつかあるので、事前にそのポイントを確認してみると良いでしょう。安心して出産に臨める産院を選ぶことが大切なのです。

詳細を読む

治療のタイミングと方法

カウンセリング

なかなか子供ができずに悩んでいる人は、早めに不妊治療を行なうようにすると良いでしょう。子供は年齢を重ねるごとにできにくくなっていきます。若いうちから治療を始めていれば、それだけ妊娠する可能性は高くなるということです。不妊治療を始めるタイミングは、晩婚化の影響もあり、1年後くらいがベストだといわれています。健康的な若いカップルが避妊せずに1年性交渉を行なった場合、妊娠する確率は約90パーセントです。それでも妊娠しないということは、不妊である可能性があるので早めに病院で検査してもらうようにしましょう。病院で不妊検査をしてもらった後に、不妊治療のスケジュールを組んでいきます。不妊治療はステップごとに進めていきます。まず、最初のステップは「一般不妊治療」というものです。人工授精や体外受精でなくとも妊娠する可能性がある場合は、排卵日を予測し妊娠しやすいタイミングを見つける方法です。他にも、排卵を起こりやすくするために排卵誘発剤を使う方法もあります。もしこれらの方法で妊娠しなければ、次のステップに移ります。次のステップは人工授精といって、男性側に不妊の原因がある場合に行います。精子を直接子宮に送り、人工的に受精させる方法です。人工授精でもできなかった場合は、体外受精を行います。お互いの卵子と精子を取り出し、体外で受精させます。そしてそれを子宮に戻すことで妊娠しやすくする方法です。最近の不妊治療の技術は医療の進歩により、確実に妊娠しやすくなっています。パートナーとじっくり話し合って決めると良いでしょう。